日本産で最初の映画、【日本率先活動大写真】

映画

最近では、CG、3Dなどなど、とてつもない発展を遂げている「映画」でありますが、何事も始まりがあるわけであります。今回はそんな映画に関して、ちょっとした雑学のお話になります。

日本で一番最初に公開された映画

明治三十二年(1899年)に、初めての日本産の映画が【日本率先活動大写真】という名で東京の歌舞伎座にて公開されました。気になるその内容は、東京の銀座、日本橋、浅草などの実写と芸者の踊りでありましたが、当初は大変な話題になりました(そりゃあ、話題になるかと思われますw)。
ちなみに、役者といった存在も、その時はまだありませんでした。

世界の映画に目をむけると

フランスのリュミエール兄弟が、1894年に映画を発明し、1895年に映画を有料公開しました。
それが世界で初めての映画であり、リュミエール兄弟は映画発明者として「映画の父」と呼ばれ、世界初の実用カラー写真の開発者になりました。

その後、数年遅れで日本に映画が入ってきて、【日本率先活動大写真】の製作、公開へと繋がるのです。

P.S.映画はいいですね!たまに観ると、立て続けに観たくなってしまいます!
ただ、映画館に足を運ぶ機会が、ここ数年なくなりましたが…。

関連記事

ページ上部へ戻る