信号機はなぜ赤・黄・青?その理由

信号機

人間って賢いですよね。
普段何気なく触れている、人間が作り出したものの多くには、色々な知恵や工夫が盛り込まれております。
今回はその一つである信号機についての雑学として、信号機の色が赤、黄、青になった理由について記しておきます。

信号機がもつ科学的な色の役割

大前提として、信号機の色は、人の目につき遠くからでも識別できるものでなくてはなりません。
ではどうするかといいますと、人は「色の持つ波長」に注目しました。
人が遠くから明確に色を見分けられるかは「色の持つ波長」によって決まり、波長の長いもの程、人間はその色に気づきやすくなります。
そして、そこから選び出された色が赤・黄・青になるのです。
また、その波長は赤・黄・青の順に長く、特に波長の一番長い赤は視神経を強く刺激する色でもあり、一番緊急性を要する「止まれ」の信号の色として採用されました。

上記のように、信号機が赤・黄・青である理由には科学的根拠があるのです(すごい!!)。

信号機の他に

日本の郵便ポストには赤が用いられ、世界の郵便ポストには赤・黄・青の順に、その三色が多く用いられています。
街中の色の理由も調べていくと色々楽しいかもしれません。

P.S.あと、戦隊ヒーローのリーダーも赤が多いですね。超目立ちます!多分端っこにいても目立ちます!!

関連記事

ページ上部へ戻る