木村屋のアンパンと明治天皇の関係

あんぱん

木村屋のアンパン…日本人ならば、もはやおなじみとなっているであろうアンパンですよね。
そんな木村屋のアンパンですが、明治天皇ともちょっとした縁があります。
今回はそのことについて、記しておきたいと思います。

木村屋のアンパンの始まり

明治7年に銀座に進出した木村屋(元は文英堂)が、翌8年にアンパンを売り出しました。
そのアンパンは、麹からできた酒種をつかった生地に小豆アンを包んで焼いたもので、創業者である木村安兵衛によって生み出されました。
また、中国の蒸しパンにヒントを得てアンパンが作り出された、なんてこともいわれています。

木村屋のアンパン、明治天皇に献上される

そんなアンパンは銀座名物となり、店には行列が出来るほどの人気を集めました。
更に明治天皇に献上され、宮中御用商となるほど気に入られることになり、そのことがますますアンパンを庶民に広げるきっかけとなったのです。
また、明治8年(1875年)の4月4日に天皇へ献上したので、4月4日は【アンパンの日】になりました。

P.S.張り込み時は、牛乳とアンパン!…寿司なんか食える状態じゃないですよね!!
…まぁ、それは置いときまして…アンパンって、とてつもなく美味しいですよね!!(これも置いといていいな)

 

関連記事

記事カテゴリー

記事アーカイブ

ページ上部へ戻る