右手、左手、上げている手で違う、福を呼ぶ招き猫

招き猫にゃー

「来るニャー!福よこちらに来るニャー!!」といった感じで、人の力になってくれるのでしょうか。
なにかと縁起の良いものとされている招き猫ですが、色々な違いもあります。
今回はそんな招き猫の雑学を、ちょこっと記しておきたいと思います。

上げた手で違う、それぞれが招く福

招き猫が天にかかげてる御手手、どちらかを上げるかで意味合いが違ってきます。
まずは、右手を上げている招き猫はオスになり、お金や幸運を招くといわれます。
次に、左手を上げている招き猫はメスになり、人を招く(商売繁盛)といわれます。
そして、両手を挙げている招き猫は、その両方を招くとされています(欲張りものとしたり、お手上げという意味合いをもつので嫌がられることが多いが、一挙両得として良しとされることもあります)。
また、手を高くあげているものほど遠方の福を招き、低くあげているものほど近場の福を招くとされています。

招き猫にご利益を招いてほしいという時は、その辺りを意識したほうがよろしいかもしれませんね!
しかし、なんとも頼もしき猫達、いや、猫様達でございます!!

招き猫の色にも意味がある

招き猫と言えば、白というイメージがあるのではないでしょうか!?
実は、様々なご利益をもたらすとして、様々な色の招き猫も誕生しています。
例として、白⇒開運、金⇒金運、赤⇒病除け、黒⇒魔除け、桃色⇒恋愛運
などなどがあります。

その辺りも意識して招き猫を選べば、完全無欠の招き猫様と出会えるのではないでしょうか!!!

P.S.最近、猫ブームですよね。犬派とか猫派とかありますけど、犬猫(両方)派もあっていい気がします。

関連記事

記事カテゴリー

記事アーカイブ

ページ上部へ戻る